header image
 

車買取

スイフトはスズキから出ている小型のハッチバック型の自動車で軽自動車のスズキというイメージを払拭した車として知られています。初代のスイフトは安い値段の小型車という位置づけで販売していましたが、2代目からは世界戦略車として販売した経緯がある車です。
そのために2代目からはデザインなどを一新して一から開発をし直して、自動車の基本的な「走る・曲がる・止まる」をコンセプトにして開発し国内だけではなく世界的にも認められた車として、軽自動車で有名なスズキのブランドを進化させた車と言っても過言ではありません。
現行モデルは3代目にあたり2010年に先代からフルモデルチェンジをして3代目になりました。3代目の特徴はプラットフォームを軽量・高剛性に優れた新プラットフォームにして2代目のスイフトより更に乗りやすくなりました。更にホイールベースやトレッドを拡大させたことで直進の安定性や旋回性が高まりました。
スイフトの査定額は平均で50万円から70万円が標準の平均査定額となっています。インターネットを見てみるとスイフトの査定額は2008年の年式で走行距離が10万キロで15万円、2010年式で走行距離が25,000キロで45万円、2012年の年式でグレードはスポーツグレード、走行距離が1万キロ以下だと125万円の査定額が出ています。
http://xn--vek426h35cdu4bizw8uc.com/

トヨタ自動車が日本ではなく、北米で販売していた車種に『タコマ』があります。

この『タコマ』の特徴と中古車査定額例を記載します。

この車は、ハイラックスの別バージョンということだったのですが、発売から、

フロントデザイン等が一新されたことで全く別の車となっています。

特徴としては、北米での需要を意識したスペックとなっており、V型6気筒エンジンや、スポーツモデルといったものがあります。では『タコマ』の中古車査定額例を記載します。

『タコマ』全体の買取相場は約250万円~約300万円といわれていますが、

日本での販売がない車種であるため、状態によってはこれ以上の査定ということが期待できるといわれています。

また、実際の中古車査定額例では、2万キロ以下平成22年式「2ドアピックアップ」

が284万円での査定を受けています。日本で販売されているものはすべて逆輸入車となってしまうので状態がよいものは少なく、高額査定がなされる車種になります。

ちなみにスーパーチャージャーモデル出力300PSの車体は特に数が少ないといわれています。

車下取り